2013/05/13

図書館でまったり

なんか、お友達とランチとかそういう気分でもなくて、家族にも煩わされず一人っきりになりたい気分の時、時間が許せばなんとな~くぼんやりと図書館で時を過ごすのが好き。(プチ家出ともいう?)

どこの図書館でもいいという訳ではなくて、お気に入りは上野の国際子ども図書館。大好きな児童文学が読み放題だし館内にカフェもある。近くには芸大の学食もあるし、桃林堂で和菓子とお茶なんていう選択肢もある。帝国図書館だったという建物も落ちつけて好き。

でも、最近は日比谷図書文化館も好きだ。
日比谷公園の緑の中、窓の外をぼんやり眺めたり、ミュージアム・・・じゃなくてライブラリーショップをひやかしたり、ひとしきりゆっくり過ごしたら銀座までお散歩してお買い物なんていう事もできる。

・・・で、昨日はかねて申し込んであった刺繍の講習会に参加。
この催し、書物美の世界という三回シリーズの講座の第一回。本当は第二回の「英国の製本をめぐって-中世の写本から現代まで」というのもとても面白そうだったのだが、日程が法事と重なってしまって・・・残念!

Simg_0172少し早目に家を出て、日比谷公園を少しお散歩。館内でちょうどやってた「藤田嗣治 本の仕事 日本での装丁を中心に」という展示もじっくり見て、それからカフェで軽く腹ごしらえ。

藤田の展示は300円と有料なのだが、充実したパンフレットがついていてなかなか満足。

時間もちょうどよくなったところで、講習会の会場へ。
スウェーデンからいらしたミラ・B・リンドさんという刺繍作家の方を講師に迎えて、まずはスウェーデンの図書館事情から・・・図書館の催しだから・・・まぁ。

そして本題である、ブックカバーの表紙の刺繍に取りかかる。
久しぶりの刺繍は目にくる。齢をとるって悲しい。
面白かったのは、ミラさんのお話。昔スウェーデンでは特に赤の糸は貴重だったそうで、表面はびっしり刺してあっても裏にはあまり糸が渡らないようにして糸を節約したのだとか。
「そうか、そういう知恵があったのか~」となんだか、昔のスウェーデンの女の人を身近に感じてしまった。
たくさんの作品も見せて頂いて、皆さん写真をたくさん撮っていらっしゃるのをいいことに私もパシャパシャ。しっかり寄りで撮らせていただいて、大変参考になった。
結局途中までしか仕上がらなかったけれど、今日一時間ほど刺してようやく完成。

さて、何に仕立てようか。
ブックカバーよりもピンクッションかしら?
紺色との二色ざしもとても可愛らしかったので、今度はそれに挑戦・・・できるかな?

目にはちょっときたけど、それでもゆっくりと時間が流れてホッとした一日だった。
ちょうど母の日で、夕食当番じゃなきゃもっとゆったりした一日だったのにね。

Simg_0230 Simg_0235_2 Simg_0242














| | コメント (14) | トラックバック (0)
|

2011/09/04

出来たっ!はじめてのニードルポイント♪

Dscn2786_2 あれは二月の初旬?のこと、本屋で何気なく手に取ったこの本。
Cath Kidson の『Stichi!』というもの。
パッと開いたページに載っていた、ユニオンジャックの柄に惹かれて本を購入。
ほんとは、このデザイナーさんとっても好きっていうわけではなかったのだけど・・・。

ニードルポイントは初めて。
実は近年12目とか14目の細かい麻生地はとても眼につらくって、そこへいくとニードルポイントのキャンパスは目が粗くて刺しやすそうなので食指が動いた。
DMCの糸なのに銀座のDMCでは取り扱ってなくて、本を持って日本橋の越前屋へ。
「同じページ開いて買いにいらっしゃる方、最近多いんですよね~」などといわれつつ糸とキャンバス、針を購入。

枠がないと刺しにくそうだったのでキャンバスを適当な大きさに切って枠(以前買って一度使ったきり放置だったものがやっと役に立った)に張って準備完了!
・・・、とここまでやって気がすんで一休み(汗)

Dscn2870次にこれを思い出したのは、あの地震の後。
地震そしてそれに引き続いての原発の騒ぎで、外出は憚られた頃。
まずはよく本を読んで・・・と、あらまぁハーフクロスに刺すのではなく裏に糸が大きく渡るように刺すのねなどと驚きつつも、布目が見やすいのでサクサク刺し進む。(裏はこんな感じ→)
が、一週間か十日ほどで元のペースでバタバタした生活に逆戻り、またまた長い一休み。
実際のところ、花を刺すのが細かく色を変えてちょびっとずつというのに嫌気がさしたというのが本音。

さて、そのまま夏が来て八月も終わる頃。某所で「今年も刺しますクリスマスもの」の企画にぽちっと参加宣言してしまい、その前にとあせってこちらを仕上げ。

めんどくさかった小花をどうにか終わらせ、赤入れは一晩で完成。
赤が入ってみると、あら!やっぱりずいぶんとキャス・キッドソンな柄だこと!
本ではペンケースに仕立ててあったけど、持ち歩くにはちょっと軽やかさに欠けそう。
ということで、こういうことに相成りました。
それにしても、一方方向に刺すせいか地が斜めにゆがんで直すのに一苦労。

半年もかけて(実質20時間位だと思うけど)、ぬいぐるみの座布団かい!と自分に突っ込みつつそれでも写真をアップする私って・・・(赤面)

Dscn3037   Dscn3039 Dscn3049

| | コメント (14) | トラックバック (0)
|

2011/05/28

10年ぶり!

昨日は、お友達からチケットを頂いて「北欧の手仕事展」というのに出かけた。
この会の40周年を記念したもので、表参道の洋館をまるごと使っての展示・・・私が好きなデンマークのクロスステッチや、素朴な感じの手織の作品も多数あったが、なかでも白糸刺繍は気の遠くなるような精緻さで数々の技巧が施されていて(縁どりも細かいタティングレースだったりして!)それが洋館の白い窓越しの新緑に映えてため息が出るような美しさだった。

実はこのチケットを送ってくださったお友達とはかれこれ十年ぶりの再会。
この前会ったのは、彼女のお母様が亡くなったお葬式の時だったから正確には8~9年前?
彼女は数年前から本格的にデンマークのクロスステッチを習い始めて、今回も見事な作品を出品なさっていたのだが、ここの刺繍を最初に知ったきっかけは私の刺したクリスマスの額だったとか。もう四半世紀以上も前の話だ。

久しぶりにお目にかかったのに、全くそんな気もせずつい昨日会ったかのように次から次へと話が弾んで、表参道から場所を移して一人住まいの素晴らしいリバービューのマンションへ。ため息の出るような一人住まい・・・そして夕食前に、私の知らない二子玉川の街をぶらぶら。
いつもの場所の裏にこんなに楽しい場所があったなんて・・・リネンやさんやら可愛い箱屋さん、可愛くて欲しいものがいっぱい・・・なんて素敵なとこなの柳小路!目の毒!
そして美味しいイタリアンのお食事。

目いっぱい楽しい想いをして帰宅して・・・某所で拝見したお知り合いの日記。
お友達をなくして落胆してらした・・・コメントする言葉もなくて・・・。

そう、いつでも会える。十年たっても昨日のことのよう。
「今度はすぐ会おうね」って別れたけど・・・
ずっと続く時間はないんだな、今を大切にしなくちゃね。

・・・だから今日はピアノ!

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2010/06/06

楽譜♪

Vscn2220_2 昨日は大変楽しい日でした。
懐かしのソナチネを弾いて、聴覚と味覚を刺激された一日。

興奮冷めやらず、さっそく楽譜を買いに渋谷に。
いろいろネタ(?)を仕入れて満足、満足。
ビートルズもモーツァルトも楽しそう♪
二次会でJ様に教えていただいた左手だけで弾く楽譜は、思った以上に難しそう!クリスマスに弾けたら素敵かな・・・なんて思ってたのに~。
バルトークのソナチネも欲しかったけど、探し方が悪かったのか見当たらず(ムジカブタペスト版?)今度銀座で探してみよう…っと。

ついでに、Tハンズにも寄ってクロスステッチ作家大図まことさんのイベントものぞく。
実際に刺すのはもっぱら北欧系なのだけど、ポップで楽しい図案にひかれて一冊購入。オマケでチャートのはがきもいただいて、こちらも満足。

満足じゃないのはお財布だけ!
節約と歩行訓練・・・いえ、ウォーキング(だってこのままじゃ夏が来るまでにウエストが入るスカートが一枚もなくなりそう!キャ~!!!)も兼ねて往復徒歩。トホホ・・・。

| | コメント (12) | トラックバック (0)
|

2009/12/20

二晩徹夜して・・・

Mmc2009_2 ようやく仕上げ!
ここにもしつこく・・・(汗)

最初の意気込みは何処へ。
日々の雑事にとり紛れ気が付けばクリスマスは目前。
糸は拠れるし、目が利かないのでカウントは間違えるし、刺すよりほどいてた時間の方が長い有様。
あ~ぁ、トシはとりたくないもんだ。

結局突貫工事の仕上げ。
金糸がものすごく刺しにくかったので裏は絶対見せられない!
写真もピアノのに置いて手抜き撮影。

これが今年最後の日記にならないことを祈りつつ、今日はもう寝よう。
・・・年賀状は・・・?
ちょっと気がはやいけどみなさま

bellMerry Chrisutmas!xmas

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2009/08/12

夏だというのにChristmas?

去年参加して楽しかった某所の≪Merry Merry Christmas in Cross-Stitch≫という企画、今年も始まっていたので参加表明のボタンをポチッ!押してしまいましたぁ~。

まあ、企画といってもそれぞれ自分が刺した作品をアップするというただそれだけのものなのだけれど、ほかの方の作品はどれも素晴らしくて目を奪われるものばかり。
今年は、かねてから刺したいと思っていたキットをもう購入済み。
図案集も魅力的な輸入書を丸善で見つけたし、時間があればこちらも・・・!
主催者の方が参加作品をセンスのいいフォトアルバムにアップしてくださったので、今年は写真の撮り方にも凝ってみたい。(どうやって撮ればいいかわからないけど・・・)


Mmc2008_1 夏の終わり生まれの私、誕生日が終わればすぐに九月。
のんびりしてると、クリスマスはあっという間。
なんだか一年が経つのがどんどん速くなるなぁ。
そういえば去年再開した25年持ち越しのキットも仕上げてないし・・・、でもクリスマス物はやっぱり別!
やるぞ~~~!(→は去年の参加作品)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008/01/11

手仕事の誘惑

チケットを頂いたので、T急本店で開催されている「ゴールドワークとビーズ展」という展覧会に行ってきた。

“究極の刺繍”というサブタイトルだったが、刺繍というだけでなくテネリフレースなどあらゆるジャンルの手芸の技法を使った精緻な作品の数々だった。
中心はハイジ・ジェンキンスという作家の方の作品で、「30年以上にわたる女史の幅広く、奥深いヨーロッパの刺繍研究の中から、古典的手法を現代に甦らせた」ということらしい。トンボだとかハチといった小さな作品の中にもエンブロイダリー、レースワーク、ビーズワークなどいろいろな技法が駆使されていて見事だった。

展示を堪能して、下の階のヘムスロイドをのぞく。
洋書のクロスステッチの本とか、刺繍のキットとか心惹かれるものがあって、思わず手が出そうになったけど、オット誘惑に負けてはいけない!
刺繍のキッドのみならず、麻布だの糸だの、去年整理したものの押入れいっぱいあったのを思い出して、一応理性を働かせる。

で、家には帰ってきたものの、やっぱりあの本欲しい!眺めてるだけでも楽しいし・・・
そういえば、Ⅰ勢丹にもとっても私好みの、材料がいろいろ・・・。
いつ作るともわからないのに持ってるだけでなんだか嬉しい、
ああしようか、こうしようか考えてるだけでとっても幸せ、手仕事の誘惑!

困ったもんだ・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2007/12/07

本番前夜のお裁縫

明日は、二台ピアノの演奏会。
今回の会場はホール・・・
小さい人たちの伴奏のお付き合い以外ホールで弾くのは、ずいぶん久しぶり。

ただ、今回は二台といっても八手だし心強いメンバーと一緒という安心感のせいか、全くといっていい程緊張感のない私。
これでいいのだろうか?今日も仕事の合い間にちょこっと練習しただけ!(汗)

この期に及んで、拝借した衣装のロングスカートのホックを私の立派?なウェストに合わせてずらしている始末・・・(このスカート巻スカートというスグレモノ、だからワ・タ・シでも・・・Yさまありがとうございます)
上着の下に着るインナーも肩紐を少し短くしないとくりが開きすぎるし・・・という訳で、時ならぬお裁縫。なんてドロナワな私!
あ~ぁ、肩は凝ったし、目もショボショボ。

・・・明日はどうなりますことやら・・・乞うご期待?

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2007/12/01

サンタ化学変化?

今年もあっという間に12月、なんだかあわただしい一年だった。
そうだ、クリスマスの物も出さなくては!
11月も最後という昨日、忙しいときに限ってそんな事がしたくなる。

以前刺したクリスマスの刺繍を、三連の額装にしてみようと思って古い額から出してみたら一年にほんのひと月も飾らないものなのに、なんだか額の形に生地がうっすら黄ばんでる!これでは・・・と思って、愛用のイオンクリーナーを入れてつけおき洗い。その後、デリケートな衣類専用の洗剤で洗って、糊付けして、ささっと絞ってさあアイロン!となったのだが・・・

Ssanta1アレッ、エ~~~ッ!
サンタの顔が紫になってしまっている!どうしたんだろ?
そうかぁ~、この刺繍に使っているのはデンマークのヘムスロイドという会社の草木染の糸。
イオンクリーナーで媒染されてこんな色になってしまったらしい!
(実物は写真よりも濃い紫)
Ssanta2ショック!そういえば、全体的に洗濯前の色合いと違うような気もする。とにかくこのサンタの顔色だけは何とかしなくては・・・絶望して真っ青なサンタなんて笑えない。
夜中に、ゴソゴソ糸の捜索作業開始。どうにか糸を見つけ、裏打ちしてあった接着芯を外して変色した糸をほどいて、顔をやり直す。
幸い面積が少なかったのであっという間に修復作業完了。

それでも・・・、嗚呼また意味のない夜更かしをしてしまった!

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2007/08/19

なまけ者の・・

今年は10日の金曜日から十日間、めずらしく長いお休みがとれた。
さぁ、何をして過ごしましょう?友達と遊ぶ約束もしたし、読みたい本も山積み、ピアノも少しは真面目に練習しなくちゃ・・・ネ

でも、でも・・・もっとやらなくてはいけないことがぁ~。それは寝室の大片付け。
寝室にはベッド、机、いまやテレビ台と化しているミシンテーブル、プリンタの乗ったワゴン、縫いぐる一家が占領する椅子、本棚が四つ・・・それでもしまいきれない本が段ボールの箱に入って床にドン、ドンと・・・よくもまぁ、この狭い部屋に・・・通り道以外床は殆んど見えなかったりして・・・(滝汗)
そして押入れ、結構大きくてウワバミのようだったのに、調子に乗って何でもかんでも突っ込んでいるうちにいっぱいになってしまって、本当に必要な洋服などは・・・キャーッ、壁にかかってる!

これではイケナイ!と思って、押入れの整理に着手したのが運のツキ。
幅2m50cm、奥行き70cmの魔窟は、よくぞこれだけの物がとあきれる程。
大学生の頃から品々がギュ~~~~~っと詰まっておりました。もちろん思い切って処分しましたとも。洗ってあってもなんとなく薄汚れている感じのものは、もう一度洗濯してからゴミ袋へ。こうするとマンションの清掃員さんたちが仕分けてリサイクルに出してくれるので、罪悪感が少しは軽減?
そんなことをしてるものだから押入れの整理だけで丸三日。
ベッド下収納の整理に二日、細々とした物が満載だったライティングビュローも半日かけてふたがきちんと閉まる!ように。
洋服は全部ワードローブにかかり、手芸用品なども一堂に会したし、部屋の面積の半分以上は(つまり家具の置いてない部分は)床が見えるようになった・・・って、それが当たり前!

結局、初日と中日、そして今日友達に会った以外は片付けに明け暮れたお休み。
怠け者の節句(節季かな?お盆だし)働き・・・アクシデントも多発で、あ~疲れた。

教訓
どんなに気に入った布地を見ても、ぜったいに買いません。
(生地類は殆んど母のもの・・・母よ、あなたも買わないでね)
お洒落な便箋やはがき、可愛いステーショナリーを見つけても欲しがりません。
痩せたら着れる・・・明日は来ないと諦めましょう!

| | コメント (12) | トラックバック (0)
|