2012/04/21

ぐるぐる・・・そしてセンダック

Rimg0320_3 Rimg0322_2 Rimg0332

昨日は、前々回の日記でHさんがお持ちと判明したセンダックのオペラのLDを拝見しに湘南のHさんちにお邪魔。

まずは、以前から噂ばかりで行き損ねていた噂の『ぐるぐるダイニング』でランチ。
美味しそうなメニューがたくさんあって、煮込み料理にも心惹かれつつ今回はたくさんの味を欲張ってランチプレートをチョイス。
グリーンピースのスープはほの甘い春の香りがしてやさしいお味。
ランチプレートは、どれから先に戴こうかしらと迷ってしまう可愛らしさ。ホタルイカのグラタンも美味しかったし、チキンとご飯の相性もよくて美味しかった。
そしてデザートは小豆のパンナコッタ。ほんのりとした小豆の味と抹茶味の生クリームで幸せ気分。
欲張って島はちみつのヨーグルトも三人でシェアしていただき大満足。

おなかの満足の後は気持ちの満足という事で、H様邸でLD鑑賞。
センダックの台本・美術、オリヴァー・ナッセンの音楽で「かいじゅうたちのいるところ」「ヒグレッティ・ピグレッティ・ポップ!(へへへん ふふふん ぽん!)」の二本立て。
正直言って、私の幼い耳(・・・というか頭?)には音楽がちょっと現代的すぎたけれど、絵本そのままの舞台装置は楽しかった。マックス役の歌手の方も本のイメージとよく合ってたし・・・。
「ヒグレッティ・ピグレッティ・ポップ!」の赤ちゃんは、同じ衣装のまま上手に女の人に変身してて、そういう工夫も楽しめた。
どんな感じなのかしらん?とずっと空想してたものを実際に見る事が出来て嬉しかった。
Hさんありがと。そしてお付き合いくださった某奥様にも感謝。

Hさん、他にもなかなか面白そうなLDたくさん持ってらして、次回観賞会にも期待heart02

Rimg0327_2 Rimg0326_3

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2012/01/01

あけましておめでとうございます

Dscn3186

新年、あけましておめでとうございます

昨年はめっきりと気力の衰えを感じた一年でした。
「泥縄でもなんとかなるさ!」というのはもう通用しないのだなぁと。

で、今年の抱負は
「やらなくてはいけない事は今やる」と、
「身に余ることにやみくもに手を出さない」の二つ。

せいぜい、今日からラフマニノフの譜読みに勤しみたいと思っております。
流石に元旦、デジピ・ヘッドフォンで・・・ではございますが。
えっ、一月末の本番にこれからじゃ十分泥縄?ごもっともでございます。

新年早々情けない次第でございますが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (12) | トラックバック (0)
|

2011/05/28

10年ぶり!

昨日は、お友達からチケットを頂いて「北欧の手仕事展」というのに出かけた。
この会の40周年を記念したもので、表参道の洋館をまるごと使っての展示・・・私が好きなデンマークのクロスステッチや、素朴な感じの手織の作品も多数あったが、なかでも白糸刺繍は気の遠くなるような精緻さで数々の技巧が施されていて(縁どりも細かいタティングレースだったりして!)それが洋館の白い窓越しの新緑に映えてため息が出るような美しさだった。

実はこのチケットを送ってくださったお友達とはかれこれ十年ぶりの再会。
この前会ったのは、彼女のお母様が亡くなったお葬式の時だったから正確には8~9年前?
彼女は数年前から本格的にデンマークのクロスステッチを習い始めて、今回も見事な作品を出品なさっていたのだが、ここの刺繍を最初に知ったきっかけは私の刺したクリスマスの額だったとか。もう四半世紀以上も前の話だ。

久しぶりにお目にかかったのに、全くそんな気もせずつい昨日会ったかのように次から次へと話が弾んで、表参道から場所を移して一人住まいの素晴らしいリバービューのマンションへ。ため息の出るような一人住まい・・・そして夕食前に、私の知らない二子玉川の街をぶらぶら。
いつもの場所の裏にこんなに楽しい場所があったなんて・・・リネンやさんやら可愛い箱屋さん、可愛くて欲しいものがいっぱい・・・なんて素敵なとこなの柳小路!目の毒!
そして美味しいイタリアンのお食事。

目いっぱい楽しい想いをして帰宅して・・・某所で拝見したお知り合いの日記。
お友達をなくして落胆してらした・・・コメントする言葉もなくて・・・。

そう、いつでも会える。十年たっても昨日のことのよう。
「今度はすぐ会おうね」って別れたけど・・・
ずっと続く時間はないんだな、今を大切にしなくちゃね。

・・・だから今日はピアノ!

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2010/09/19

八十八歳・・・

今日は父の八十八歳の誕生日だった。

連休でちょうど弟も帰ってくることだし、母と一緒に腕をふるってお料理…のはずだったのだが・・・
なんと、最悪のタイミングでオーブンレンジが壊れた。
年代物で前に壊れた時から、もう部品がないといわれたのだがビルトインタイプのためおいそれと取り変えられない。
間に合わせに小さいのを買ったものの、取り変えるのならキッチンごと?

とりあえず、業者さん呼ぶために今日はキッチンの大掃除。
お料理をする気力は残っておらず、折から渋谷の某店で開催中の「なにわのうまいもの市」で買ったすし萬のお寿司でお茶をにごす。あとはハモ皮を酢の物にして、お吸い物を作っただけ。

ごめんなさい・・・せっかくのお誕生日なのに!
ローストビーフは出来るだけ早い機会に・・・。

八十八歳おめでとう。
これからも元気でいられますように。

Rimg0060 Rimg0059 Rimg0075

| | トラックバック (0)
|

2008/11/10

懐かしい時間

おととい、大学時代の友人が六人集まってお食事会。
学校創立150周年の今年、連合同窓会に係りを務めるお友達も上京して懐かしい顔ぶれが集った。

当初どこかでランチかお夕食でもということだったのだが、それでは時間が足りないと六本木の最高のロケーションに住むお友達が場所とお食事を提供してくださった。
それぞれにたまに会ったりしているお友達もいるものの、一堂に会するのは何年ぶり?
出会った途端に『時』の隔たりなど瞬時に忘れ去り、学生時代の延長の懐かしい空気が戻る。
ワイワイガヤガヤとお食事をいただきながら、素晴らしいお料理の数々に「そういえば、昔もこうやってみんなで集まってMのお料理食べさせてもらってたっけ・・・」って話が弾む。170センチの長身スポーティーでスタイリッシュな彼女、ますますカッコよさに磨きがかかった。みんなそれぞれに素敵に年を重ねていて、それぞれに充実した年月を過ごしてきたことがうかがわれる。
お昼過ぎから夜九時まで、あっという間の楽しい時間。ボトルがたくさん空きました(汗)

150anv そして昨日は、係りを努めるお友達に付き合って朝早くから連合同窓会へ。
久しぶりのキャンパス、五年前卒業式に招待された時にも変わっていてびっくりしたのだが、またまた新しい建物が建っていてここばかりは懐かしさに浸るというわけにはいかないらしい。その上、いろいろなお店の屋台が立ち並んでお祭りのような雰囲気。
銀杏並木の突き当たりに建つ記念館だけは変わらぬ佇まいだがこの眺めも今年限りとか・・・なんだか寂しい。
午後は記念コンサートも聴かず(だってすごい行列)、一学期だけ一人暮らしした寮のお友達と懐かしい再会。
それこそ卒業以来初めてだったけど、一つ屋根のもともとに暮らし同じ学校同士ということで気が合ってお互いの部屋を訪ねあった懐かしいあの頃がよみがえる。
お互い学部は違っても、一般教養などどれをとると単位がとりやすいとか先輩に教えてもらって一緒に履修申告書いたっけ・・・。
お食事に必ず付いていた『コールスロー』の思い出で盛り上がり、涙が出るほど笑い転げる。キャベツ仲間の私たち、今となっては楽しい思い出。
父が転勤で東京に帰ってきたため自宅生活戻った私だけれど、もうちょっと続けていたかったかも・・・。

懐かしくも楽しい時をすごして一夜明けて、わが身の来し方を振り返りちょっぴり同窓会ブルーの今朝・・・ではある。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|