« ローズマリーと同居 | トップページ | 楽譜♪ »

2010/05/25

ちょこっとSEOUL

この週末、ランチ友達三人組でちょこっとソウルへ。
ご一緒したのは、この旅の企画・手配を一手に取り仕切ってくださった実務に長けて聡明なお姉様格(実は私よりず~っと若いのだけど)のRさんと、韓流ドラマファンで韓国語にも通じ(とりあえず三人の中では・・・ねっ)どこへいってもたちまち周りを明るい雰囲気にしてしまうチャーミングで天真爛漫な奥様のAさん(こちらも私よりずっと年下)という海外慣れした心強いお二人。
私はといえば最後に日本の外に出かけたのは十年以上前、パスポートも失効しているという役立たずな奴でしたが・・・。

一日目。
ご多分に漏れず(・・・ってこう書くんですってね?)まずは成田の免税店でクラクラ!
あれも素敵、これも欲しい、のめくるめく世界。
でも、待って!先は長い・・・と思い直し、お買い物はリップ程度にとどめようやく機上の人に。AさんRさんとほぼ同年代の大学生のお子さんいる?みたいな年配のCAさんたちにビックリしているうちに、あっいう間に仁川到着。

ホテルにチェックインするより前に、ガイド氏にまず案内されたのはL免税店。
再びめくるめく世界復活。でもねぇ~、いきなりではちょっと考えちゃって結局買ったのはここでもお化粧品だけ。
○個買うと、これもこれもセットになってお得ですというオマケ戦術に翻弄されて気がつけば、あまりお化粧しない私に使い切る明日は来るだろうかという量かも!
今から考えると、目に付いて気に入ったセールのバッグ・母のお土産などしっかりゲットしておけばよかった・・・後からもたもたしてご一緒の二人をふりまわしてしまいました。

お買いもの後はようやくチェックインしてその後海鮮鍋の夕食へ。
その後、ガイド氏に案内されて明洞へ。
まずは眼鏡やさんに入る。メガネ~なんて言ってた割には決断力のない私。
どうしようかな~なんて迷ってるうちに、一番気乗り薄に見えたRさんは・・・エッ?もう検眼してる!
その即決力に後押しされて、私もどうにか読譜用のメガネを決定。
待ち時間は小雨模様の明洞をお散歩。
活気ある元気な街、どこに行っても店員さんが片言の日本語で話しかけてくる。
私たちってやっぱり典型的な観光客?

Dscn2060 ようやくホテルに帰っても夜は終わらない。
宿泊のGRAND HY○TTは丘の上に立っていて窓からの夜景がとてもきれい。大人しく眺めて夜を過ごしていればいいものを、建物探訪に出かけたのが夜の十一時過ぎ。
バーはパーティーか何かしていてすごい盛り上がりよう。
その喧噪を後ろに聞きながらお店の閉まったアーケードを抜けて・・・、わぁジムもあるんだぁ~などと覗いていたら、ニコニコ笑顔のAさんに魅了されたのかお掃除のおじさんがいくつかの機器を指さしてやってごらんと身振り手振り。
思わぬ時間に、フィットネスの器具で遊んで大盛り上がり。なんて楽しい夜!

さぁ、いよいよ二日目。
Dscn2072 Dscn2071 Dscn2073
バイキングの朝食ではあるものの目の前でオムレツを焼いてくれたり、点心や竹に詰められたおこわの蒸篭があったり充実したメニュー。キュウリのジュースなんていうのも試したりして・・・。
ガラス越しの曇天が心配ではあったものの、ゆっくり時間をかけて朝ごはん。

10時にお迎えが来て、いざ出発。
昨日と同じくワゴンに運転手さんとガイド氏、私たち三人という人数構成。
まずは南大門市場へ。
露店などもたくさん出ていて、明洞とはまた違った雰囲気。
革コートのお店をひやかしていて、Rさんが試着しているコートを値切ろうとAさんが「○△☆・・・サゲヘジュセヨ(多分・・・)」とアンチョコのメモを厳かに読み上げたところ「北朝鮮のアナウンサーみたいね。」とガイド氏がぼそっと一言。私もちょうどそう思ったところだったしRさんも全く思うところは同じだったらしく思わず大爆笑。
値段を気にせず楽しいお買い物もたくさん。

続いて、景福宮へ。
Dscn2080 Dscn2097 Dscn2100
やっぱり知らない国に来たら、名所旧跡も観たいですものね。
ソウル市内にある五大王宮の中でも最も規模が大きいのだそう。
前に川・後ろに山というのが風水で家を建てるときの条件だそうで、この宮殿はその条件に合わせて建てられているのだとか。
ちょうど守門将交代式がるところで、シャッターチャンスをはずしてちょっと残念。
色鮮やかな建物。グリーンと朱のコントラストが印象的。
高床式の建物は宴会をする場所だとか。
いろいろ説明をうかがって勉強になりましたが、少し古い歴史も勉強してくればもっと良かったとちょっぴり反省。

Dscn2124 お昼にプルコギを戴いた後、移動の途中で通りかかったが三清洞。
若い人たちの集まるお洒落な街のよう。
キャー観たい!と、車を止めてもらってちょっとお散歩。
お洋服も、明洞ともまたちょっと違った雰囲気。
ギャザーがたっぷりでサイズを気にしないで着られそうなブラウスを買いちょっと幸せ。
ここのお散歩はもう少し楽しみたかったな。

次は世界遺産の昌徳宮
Dscn2125_2 Dscn2189 Dscn2175
おもな建物は、一直線に立っているか、ジグザクと立っているかの違いこそあれよく似た様式の建物。
もともと離宮として建てられたとのことで少しコンパクトな感じはある。
ここで興味深かったのはオンドルの焚口を観ることができた事。ここで火を焚くのはかなり大変な作業だったに違いない。
そして次にに現れたのが楽善斎・寿康斎といった一連の建物。
華やかな色彩はなく、シンプルな感じ。
塀の模様や、建具の組木細工?が美しい。幼いころから母に連れられて柳宗悦の民藝の世界に親しんできた私にとっては、こちらのほうがしっくりくる韓国の建物のイメージ。
ここももう少し時間をかけて、奥まで観たかった気もする。

続いて仁寺洞にたどりついたころには、いろいろ観て歩き疲れてさすがの私たちもちょっと無口。
丹念に見れば民藝関係のものなどちょっと面白いものもあったかもしれないと思うのだが、とてもその気力は残っていなかった。
この旅はじめて休憩のティータイム・・・ホッ。
次は東大門のファッションビルに。
ここは日本のその手のビルとよく似た感じかも。お洋服のセンスがまたちょっと違って楽しくはあったがやっぱり気力がぁ~。
夕食をいただいて、無事ホテルに帰着。

ほっと一息つく間もなく、明日帰るんだ~と思うと何だかちょっとやり残した気が。
一人でひとっ走りタクシー飛ばして初日の免税店まで行ってきちゃおうかなぁ・・・というと、親切なお二人が付き合ってくださった。
・・・・・・が、時間を忘れてました!一足違いで免税店は閉店したところ。
わぁ・・・ごめんなさい。みんなに迷惑かけちゃった(涙)。
まだ空いているお店を眺めてホテルへ。

お疲れ休みDscn2203_2にラウンジで昨日から気になっていたパフェに挑戦。
実はこれ、パフェではなくIce Creamという名前でメニューに載っていた。(写真はAさんのチョコレートアイス)
ガラス張りのラウンジの夜景をバックにバンドとコーラスの気持ちいいハーモニー(前の晩にちらりと聴こえたPfとVnよりチャーミングな演奏だったような)。
何だか駆け足の一日が、嘘だったかの様なぜいたくな気分。
カクテルならぬアイスを前にうっとり。
長い長い・・・でも、楽しい一日。

終わりよければすべてよし・・・かな?

三日目
前日同様ゆっくりとした朝食を楽しんで、空港へ。
13時過ぎの便に載るはずが、なんと成田で整備のため機体交換したとかで17時の出発に。大事なご主人やお子さんを残してらっしゃるお二人はお気の毒・・・とは思いつつ、買いそびれたものを調達して無事帰宅。

教訓

旅先では欲しいと思ったものはすぐ買おう。
同じ所へは二度といけない!

旅慣れたお友達はとても頼りになる。
・・・でも、きっと今頃とっても疲れているに違いない。
旅にではなく、旅慣れずもたもたした誰かさん(って私だけど)に。
だって、私も自分自身にちょっと疲れた。

というわけで、ここまで付き合って読んでくださった方(もしいらしたら)と、
やさしいお二人に感謝をこめて、ありがとう。

|
|

« ローズマリーと同居 | トップページ | 楽譜♪ »

コメント

ととさんのアプリが停滞気味だったので、どうされたのかと
心配していましたら、ご旅行にいらしてたんですね。

ちょうど2年前に行った私にはとても懐かしかったです。
海外旅行はお買い物が楽しいですよね。
特に韓国は円高でお安かったことでしょう。

私のお土産の教訓としては、
「お土産は多いに越したことはない」
いつも、帰ってから、「もっと買っておくんだった」と
後悔してます・・・

投稿: juncoco | 2010/05/25 22:58

airplanejuncocoさん

ご心配いただいて、ありがとうございます。
…そう、そんなわけでアプリ停滞しておりました。

韓国、juncocoさんの日記を拝見したころから一度は行ってみたいと
思っておりました。ようやく今回実現ですscissors
やっぱり旅行にも“カン”というものは必要らしく
どこで何を買おうとかそういうイメージがさっぱりsweat01

>「お土産は多いに越したことはない」
これは確かです。いつもこの後悔を繰り返します。
でも仁川で駄菓子を箱買いしたら結構重かった~down

教訓はもう一つ…
身内(母ですけど)の時代錯誤なお土産請求は断固拒否しよう。
結構無駄な時間を取られましたthink


投稿: totoko | 2010/05/25 23:45

ととさん

airplane韓国に行ってらしたのですね。たのしそう。
CA確かに。 ワタシの中高の同級生もまだ辞めてないです。
お買いものも決断力が要りますよね。
もっといいのがあるかもと思って結局何も買えなかったりしてしまいます。

ととさんの教訓どおり、前のところへは戻れない。どんどん買って先に進むようにしますmoneybag←ダイジョブか???

投稿: himitsu | 2010/05/27 22:12

airplanehimitsuさん

楽しかったです~。
CAさん、やっぱりみんなやめないんですね。
気配りが行き届いて素敵とは思うんですが、
行きの便には若くてきれーなお姉さんは皆無だったので
ちょっと寂しい…って、オヤジ的発言coldsweats01

とてもタイトに限りあるmoneybagなので
どんどん買ってというわけにはいきません~down
…打出の小槌がdollarshine欲しいです。

投稿: totoko | 2010/05/27 23:52

ソウル、名所旧跡もあるのですね‥
私はエステ&ひたすら焼き肉の2泊三日で終わったもので…bleah
あ、メガネも作った!

投稿: fermata | 2010/05/30 20:53

airplanefermataさん

一応あるみたいでした、名所旧跡coldsweats01
めがねも定番なんですね。
焼き肉はしっかり食べましたrestaurantけど、優雅にエステはできませんでしたsweat02
次回は汗蒸幕にも…って言いながら帰ってきましたが、次回っていつ?(遠い目)

投稿: totoko | 2010/05/30 21:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113282/48455406

この記事へのトラックバック一覧です: ちょこっとSEOUL:

« ローズマリーと同居 | トップページ | 楽譜♪ »