« 代官山 旧朝倉家住宅 | トップページ | 懐かしい時間 »

2008/10/31

古本まつりの収穫と映画『マルタのやさしい刺繍』

昨日はちょっと近くまで出かけたついでに、神保町を一人でぶらぶら。

ちょうど、古本まつりというのが開催中でウィークデイだというのに結構な人出。
通り沿いにワゴンなども出ていて、懐かしい本、面白そうな本など手にとって眺めていると楽しくて、ついつい時間を忘れてしまいそう。
欲しいな・・・と迷いつつも、もう本棚にあまり余分なスペースはなく、特に心が動いたものは高価だったりもして、残念ながら断念。

結局これなら薄くてスペースもとらないし・・・と手に入れたのは、復刻された古風なアルファベットの図案集二冊。
さらに種々雑多こまごまとした物が並べられたワゴンから拾い上げたのは、シュガートング。ずっと欲しいと思って探していたシンプルなデザインのもの。
おそるおそる聞いてみると1930年代のイギリスの物ではあるけれど、スターリングシルバーではなくプレート物で、私でも迷わず買えるリーズナブルなお値段。
思わぬところで意中のものと出会えてとっても幸せ。
最後にお気に入りの紙屋さんで便箋だのひとふで箋だの買い込んで幸せな気持ちで帰宅・・・あれっ、古本まつりなのに古本は?(汗)
Furuhonichi_1 Furuhonichi_2 Furuhonichi_3

そして今日は『マルタのやさしい刺繍』という映画を観に母と銀座シネ・スイッチへ。
朝一番の回、早めに着いたというのに映画館の前には行列が!あわてて並んでどうにか少し前よりではあるけれど真ん中通路側にお席をゲット。
最終的には(通路に)座り見、立ち見なさっている方までいらして、こんな混んでる映画館なんて、この節めずらしい。金曜レディースデイ900円の威力か、それともこの映画、東京ではここだけの上映のせいか・・・見事に女性ばかり!
夫に先立たれて落ち込んでいた80歳のマルタおばあちゃんが「ランジェリーショップをオープンさせる」という若かりし頃の夢を実現させていくストーリー。
スイスの牧歌的な風景の中、マルタ達の置かれている状況は日本もスイスも変わりないのかも、息子達こども世代の身勝手も・・・ちょっぴりいろいろ考えさせられつつも、見終わって元気の出る映画だった。

映画を終わって、同じ通り沿いの煉瓦亭でランチ。
ここにも映画館から流れたオバ様達が何組も!
同性ながら女性パワーに圧倒された一日だった。(映画の内容も含めて・・・ネ♪)

|
|

« 代官山 旧朝倉家住宅 | トップページ | 懐かしい時間 »

コメント

買ってこられた便箋、みな可愛らしいですね!
シュガートングもシンプルながら写真のお皿とマッチしていて素敵です。
アルファベットの図案を見てとても懐かしい気持ちになりました。
私が通っていた幼稚園のバザーに毎年、母が白地のエプロンに刺繍をして出品していたのです。
(ノルマだったのかも。毎年図案を探すのにとても苦労してました)
今年の引越しのとき、当時の図案集が何冊も出てきて 今じゃこんな図案集はあまり出てないのよ、
と話してくれたんですよ。

投稿: kimi | 2008/10/31 23:59

シネスウィッチは、いつも混んでいるようですね。
私は、以前観ようと思って行ったら満席で諦めたことがあります。

刺繍は昔から憧れがありました。
本を見ると作りたくなりますね。
私も、先月、薔薇のモチーフの刺繍本を買い、その中に
アルファベットもありました。
実際、刺すかどうかはわかりませんが・・・

投稿: juncoco | 2008/11/01 09:33

moviekimiさん

便箋、和紙の割には、ちょっとポップな感じが好きなんです。
シュガートングはまさに今回出会ってしまったものでした。
バザーの刺繍、うちの母もよく刺してましたっけ…。
そうそう…白いエプロンもありました。懐かしいです。
古本市ではエンブレムがいろいろカラーで載っている洋書に
心惹かれたんですが、結構なお値段でちょっと躊躇してしまいましたsweat02

投稿: totoko | 2008/11/01 10:03

moviejuncocoさん

シネスウィッチいつも混んでるんですか。
今回はじめて行ったもので、あまりの混みようにびっくりしました。
シネコンでネットでお席を確保してというのに
いつの間にか慣れてしまったようです。

薔薇のモチーフすてきでしょうね。
juncocoさんの、あの優雅な刺繍は憧れです。
図案集は実際に刺さないでも、もって眺めてるだけでも幸せです。
実は楽譜もそうだったりして…CD聴きながら眺めてるだけでは
いけないんですけれど…sweat01

投稿: totoko | 2008/11/01 10:12

ステキなお買いものができてよかったですね。
刺繍 子供のころ、母も叔母も夜moon3刺繍をしていました。私も大人の女性になったあかつきには刺繍をするのだろうと思っていました。
しかし、今はサツバツとした生活。。。これでいいのだろうか?
シュガートングの写真を見たら 甘い紅茶が飲みたくなりました。

投稿: himitsu | 2008/11/03 00:45

moviehimitsuさん

幼稚園の頃、母が夜なべでお道具袋に刺繍してましたっけ…
ただ、私はこの頃朝の方がよく目が見えたりします。
どちらにせよ、その分ピアノはおろそかになってますcrying
それに刺繍の本も刺すより眺める時間のほうが長いかもsweat01

甘い紅茶…秋の夜長はやっぱりカップ片手に読書bookが一番!

投稿: totoko | 2008/11/03 01:02

ほんとに目が疲れる今日コノゴロです。
母たちがよく刺繍していたころの年齢をワタシははるかに越えてしまったことに今気がつきました。

投稿: himitsu | 2008/11/03 19:36

moviehimitsuさん

ほんとにそうなんですよね、恐ろしいことにwobbly
それなのにちっとも大人になれてない自分がいて…
子どもの頃は親ってホントに大人boutiqueに見えました。
今となっては結構子どもっぽい母ですが…
というより大人になれないchick家系の我が家かも!

投稿: totoko | 2008/11/03 21:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113282/42965502

この記事へのトラックバック一覧です: 古本まつりの収穫と映画『マルタのやさしい刺繍』:

« 代官山 旧朝倉家住宅 | トップページ | 懐かしい時間 »