« プレゼントのはずが! | トップページ | 試写会「ライラの冒険 黄金の羅針盤」 »

2008/02/09

国立新美術館

Tnat 昨日は母のお供で、国立新美術館へ。
叔父が所属している『 立○会』という団体の展覧会が、去年までのセントラル美術館から会場を移したので、ちょうどいい機会なので覗いてきた。

せっかくだからということで、ちょうど開催されていた横山大観の没後50年の展覧会を鑑賞。
入口を入ってすぐに、あの有名な《無我》が展示されていて、おぉ!という感じ。
空いているとは言いがたいものの、さほどの混雑でもなく約四十メートルにわたる絵巻《生々流転》もじっくり観ることができた。細かいところまで緻密に描かれていて、それでいて大きな流れと躍動感があって素晴らしかった。
代表作が一堂に会したというだけあって、《夜桜》《紅葉》といった華やかな色彩がこぼれるような作品から、単彩なのに色を感じさせる水墨画の作品まで、美術に疎い私でも、思わず時間を忘れて見入ってしまった。
琳派的といわれる《秋色》の隣に、光琳の《槙楓図屏風》が並べて飾ってあって、得した(←オイッ!)気分。
没後50年たっても、褪せることない魅力を感じさせる展覧会だった。

ところで国立新美術館、立派な建物なのに、ミュージアムショップとかティールームとか何となく雑然としていて、ちょっとがっかり。ロッカーも少なくて、満杯状態。それでも、そこここに椅子がふんだんに用意されていて年寄り連れにはありがたかったけど。

|
|

« プレゼントのはずが! | トップページ | 試写会「ライラの冒険 黄金の羅針盤」 »

コメント

私も先週観に行って参りました。
A新聞で応募して当たったので、ラッキーでした。
大作があれだけの数、展示されていたので、本当に
圧倒されました。
書いた年代で画風も違い、なかなか面白かったですね。

確かに国立新美術館は利用者には使い勝手が悪いかも。
レストラン、手頃なお店があと1つあってもいいと思います。

投稿: juncoco | 2008/02/09 10:40

☆juncocoさん

さすがjuncocoさん、もう観に行ってらしたんですね。
本当に圧倒されました。
趣きもいろいろ違っていて、興味深かったです。

美術館、そんなによく見てまわったわけではないのですが
少し落ち着いてお茶飲めるところもないように思いました。
お昼は早めにサントリー美術館の不室屋で
お手頃な限定ランチを戴いてから出かけたんですが
こちらのロートレックも面白そうでした。観ませんでしたが・・・

投稿: totoko | 2008/02/09 12:19

ときどきマイミクさんたちの日記にも登場する国立新美術館!
まだ、行っていないのです。
この建築物もしっかり観たいと思いつつなかなか行かれないのです。
休みの日こそ早く起きて有効に使わないと!と反省するワタシです。

投稿: himitsu | 2008/02/18 10:37

☆himitsuさん

この頃、新しいスポットがいろいろできるので
なかなかここも、あそこも・・・というわけには行きませんよね。
ついででもなければ、国立新美術館もまだ行ってなかったかも・・・
休みの日こそ・・・
少himitsuさんを見習ってピアノに励まねば・・・と思うワタシです(汗)

投稿: totoko | 2008/02/18 19:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113282/40052939

この記事へのトラックバック一覧です: 国立新美術館:

« プレゼントのはずが! | トップページ | 試写会「ライラの冒険 黄金の羅針盤」 »