« フランスじゃんけん | トップページ | 檻の中・・・ »

2007/10/07

very sad・・・でも・・・!

本の収納にいつも頭を悩ませている私、
一念発起して、壁一面本棚化計画を実行。

Wall Wall3 Wall2
古い造りの集合住宅なので、梁が複雑に出っ張った平坦でない壁、
作り付けの棚が欲しいところだけれど、オーダーすると途方もない金額になるため既成の組立家具を組み合わせて、それでも一日がかりで組み立ててもらって完成。

空っぽの部屋、何も入らない本棚は圧迫感もなくまずまずの印象。

が・・・、本が入るから本棚なのよね~、当然のことだけど・・・。
徹夜で本を納めて、本日グランドを搬入、もちろんデジピも。
全てが収まると覚悟していたこととはいえ、ものすごい圧迫感と窮屈な印象。

あぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ものすごく落ちこむ。
おんぼろアパート故、本来窓型エアコンしか付かないこの部屋
二重窓にするために、大変な思いをしてエアコン工事までしたのに・・・

落胆のあまり何も手に付かないところに、友から一本の電話。
大学時代からの古いふるい友達。
地方に住んでいるのだが、今日はたまたまお嬢さんの文化祭で上京中。
「いま文化祭終わったんだけど、どうした?差し入れ持って行くね・・・」

彼女と、人手がないわが家を心配して工事は完了しているにもかかわらず手伝いに来てくれた電気屋のおじさんのおかげで、新しい寝室(旧ピアノ部屋)への荷物の運びいれもどうにか完了。

とっても落ち込んだけど、いい友達がいてよかった・・・
親切な電気屋さんでよかった・・・
と、人の厚意が身にしみた一日ではあった。

|
|

« フランスじゃんけん | トップページ | 檻の中・・・ »

コメント

お疲れ様でした。
これから、収納ですか?
でも、すべて片付くとすっきりしますね。
本の収納はホントに困りますね。
うちは、古いピアノの楽譜は段ボールに入れっぱなしです。
本棚は入れるスペースがないので、廊下の収納スペースにぎっしり本を入れてあります。
これ以上入らないのに徐々に増えていく本、本・・
でも捨てられないし・・・
先日電車の広告に本のトランクルームの宣伝があり、携帯に電話番号をメモったところです。
これ、どうなんでしょうね?

投稿: juncoco | 2007/10/08 14:30

スッキリすればいいんですけど、
二重、三重に並べてあった子ども時代の本を並べただけで
殆んどいっぱいになりました。
あまり上まで詰め込むとものすごい圧迫感ですし・・・
楽譜棚は、今まであった本棚を流用したのですが
大きいほうを入れたらあまりにも鬱陶しいので
小さい方にしたら手持ちの楽譜の半分も入りませんでした~。
電車の中、テ○ダの広告でしょうか?
ついつい見つめてしまうのは、私だけじゃなかったんですね。

投稿: totoko | 2007/10/08 21:58

わー。真っ白な本棚すごい素敵です。
よく、ピッタリにハマリましたね。
本を入れて、ピアノも入ったところも見たいです。

本は、音も程よく吸収してくれるし、きっと ととさんは素敵な本をたくさん持ってらっしゃると思います。
並べるのもたのしみですね。

投稿: himitsu | 2007/10/10 02:26

☆himitsuさん

本とピアノが入った状態での写真撮影はNGです~。
とても悲惨で、ショックからまだ立ち直れていません。
匍匐前進が必要です~(涙)

何よりも、ピアノ置く部屋なのに楽譜を置くスペースがぁ~!

投稿: totoko | 2007/10/10 07:21

ワタシも本棚にまだビデオが入っているところが悩みです。
ときどき見ていて目が回りそうになったりもしています。

本を入れたりだしたりしているうちにきっとスッキリする並べ方が出てくると思います。 みごとな壁面本棚ですから!!

投稿: himitsu | 2007/10/11 02:14

☆himitsuさん

>本を入れたりだしたりしているうちにきっとスッキリする並べ方が出てくる
本当にそうだといいのですけれど・・・
とりあえず、あまりぎゅうぎゅうに詰め込んでしまうと
圧迫感がものすごいと言うことだけは学習しました。

とりあえず、少し空間を空けるように・・・(汗)

投稿: totoko | 2007/10/11 19:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113282/16690319

この記事へのトラックバック一覧です: very sad・・・でも・・・!:

« フランスじゃんけん | トップページ | 檻の中・・・ »