« 手紙を書く | トップページ | リンドグレーン生誕百年 »

2007/07/27

映画「魔笛」

魔笛は大好きなオペラ、魅力的なメロディーがいっぱいで、何度聴いていても飽きることがない。でも、ストーリーは・・・舞台も何度か観たしDVDも持っているのだが、いつ観てもなんとなくこんがらかった印象が残る。どう考えても、ザラストロってなんか怪しげだし・・・小鳥アタマの私にはいささか難解。

映画ならその辺スッキリまとまってるかしら?と思ったのだが、それは甘かったらしい。
時代設定が第一次世界大戦の頃(らしい)ということと、テクニカラー風の不思議な色調の奇抜な映像であるということ以外は、ほとんどオペラと同じ流れで話は進んでいく。
序曲が終わって三人の侍女・・・ならぬ従軍看護婦?が歌いだした辺りで、なんだろう?奇妙な違和感。映画だからとかそういうことでもなく、歌い手も歌声もとてもチャーミング・・・だけど・・・と思って聞いていて、ハッと気付いた。あっ、歌詞がドイツ語じゃなくて英語だ!イギリスの映画なのだから当たり前なのだけど、なんとも耳慣れない不思議な感じ。ひょっとして、英語にすることでストーリーにフィットさせて歌詞をいじりやすいという利点も?

この映画の監督ケネス・ブラナーは、ハリ・ポタの映画でロックハート先生を演じた方だそうだ。それでという訳でもないだろうが、タミーノがパミーナの絵姿を見せられるシーンで絵の代わりに使われている写真が、まるで魔法写真のように写真の中のパミーナが振り返ったり微笑んだりするので、ハリ・ポタの新作どうしようかな?などと、ついつい考えが横道に逸れてしまう。
ふさわしいヴィジュアルと歌唱力を兼ね備えたキャストを集めるのも大変だったろうなぁとそんなことも・・・

とにかく不思~議な感じのする映画だったけれど、それでも二時間半長いとも思わずに観たのは「魔法の笛」の魔力のせい?

|
|

« 手紙を書く | トップページ | リンドグレーン生誕百年 »

コメント

魔笛、観にいらしたんですね。
私も、オペラが好きで、特に魔笛は馴染みの曲も多いし、
特に「夜の女王のアリア」は大好き。
で、観に行きたいと思いつつ、上映館が狭そうで、
(レディースデーは)混んでいそうなので、行きそびれて
いました。
設定が随分違うんですね。
ある精神科医のブログによると、「スター・ウォーズ」の
話はちょっと魔笛に似ているとか・・
ルークが悪者と思っていたのは実は父親で、もともとは
悪ではなかった。
とにかく、映画を観ないことにはなにも語れませんね。

投稿: juncoco | 2007/07/27 23:42

不思議そうな映画ぜひ観てみたい!
そして、自分も歌ってみたい!歌なんて、ずーと歌っていないから、声も下がっているし。。。とてもコワソウ

投稿: himitsu | 2007/07/28 01:25

☆juncocoさん

本当のオペラは、私などチケットが高くてなかなか・・・
頂き物のチケットでもめぐってこない限り行けないんですけど
映画なら・・・それも金曜のファーストショウ割引!
「夜の女王のアリア」は私も大好き♪
歌手の方が体を楽器にして歌う感じが圧巻だといつも思うんですが
映画はアフレコっぽくて、ちょっと残念でした。
「スターウォーズ」と「魔笛」・・・そういわれれば確かに、
夜の女王も最初は娘を攫われた被害者の立場だったのに
いつのまにか悪役、立場がひっくり返るという点で似てるのかも。

投稿: totoko | 2007/07/28 08:53

☆himitsuさん

とっても不思議な感じの映画でした~。
戦場が舞台なんですが、どこまでも長くなが~く掘った塹壕が
夢に出てきそう!
歌は、私もこの頃歌ってないので声がでないです。
もともとアルトでしたし、高い声なんて無理な気がします。

投稿: totoko | 2007/07/28 08:58

魔笛はマイ・フェイバリット・オペラで舞台も何度も見てますしDVDもいくつか見てますが、筋立てのイカレ具合はどうにもならないらしいです~^^;
音楽があまりにも美しいのでそのあたりは深く突っ込まないことにしていますが、ロックハート先生の新解釈、面白そうですね!

投稿: 夜毎屋 | 2007/07/29 20:55

☆夜毎屋さん

魔笛・・・音楽いいですよね♪
まぁ、筋立てもああだからこそロックハート先生の解釈のみならず
舞台でも色々斬新な演出が楽しめるのかもしれません。
それにしても英語で聴く魔笛、やっぱり不思議でした。

投稿: totoko | 2007/07/30 07:18

これ、私も観てみたいと思ってたんです。
そっか、英語なのか。。
ますます観てみたくなりました。

投稿: のぶたん | 2007/08/04 00:56

☆のぶたんさん

そう・・・英語なんです。
farewell、auf Wiedersehenなんて混ぜこぜに歌ってて、面白かったです。
のぶたんさんなら、バッチリ字幕なしで楽しめそうです。

投稿: totoko | 2007/08/04 13:17

今日、「魔笛」を観たので、復習ということでまた訪問
しちゃいました。
ドイツ語がわかるわけではありませんが、英語だと違和感
がありますね。でも、歌詞がよくわかってある意味良かった
ですが・・
後で日記に書こうと思います。
パミーナの写真、確かにハリー・ポッターの世界ですよ(笑)
音楽は十分楽しめました。

投稿: juncoco | 2007/08/08 20:49

☆juncocoさん

観ていらしたんですね♪
>パミーナの写真、確かにハリー・ポッターの世界ですよ(笑)
でしょ~。
確かに、英語の方がドイツ語よりはまだ歌詞の意味が・・・
と言っても、私の場合たいした英語力ではありませんけど。
日記、楽しみにしてますね。

投稿: totoko | 2007/08/08 23:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113282/15918097

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「魔笛」:

« 手紙を書く | トップページ | リンドグレーン生誕百年 »