« 日本を祝う | トップページ | ごまをする »

2007/06/01

シェイクスピアの時代のリュートソング

目白一帯は私にとってなんとなく懐かしい気持ちになる場所。
住んだのは幼稚園から低学年にかけてのたった数年間なのだけれど、大学に入って“ふりだし”に戻ったピアノの先生が長く住んでいらしたのも下落合だったし、生れて初めてお料理のおけいこに通ったのも今日出かけた界隈だった。
そのせいか、たまにふらっと出かけてみたくなる。

そんな訳で、目白へお散歩がてら出かけた今日のコンサート。
題して「懐かしいイギリス古謡とエリザベス朝のリュートソング」
(エリザベス朝ってシェイクスピアの時代のことよね・・・と思わず調べた恥ずかしい私)
会場は自由学園明日館の講堂。演奏は、波多野睦美(メゾソプラノ)つのだたかし(リュート)というお二人。
一部はタイトルどおりジョン・ダウランドの曲をメインにイギリスの古謡など、二部は最初に武満徹の(タケミツらしからぬ?)可愛らしい歌曲を三曲とルネッサンス時代のイタリアの曲という構成だった。
開演は18:30、窓の外が次第に暮れてゆく中、しっとりとした歌声と優しく繊細なリュートの音色がよく合って、なんともゆったりとした気分になる。
二部の曲も良かったのだけど、できれば一部のあのメランコリックな雰囲気にもう少し浸っていたかった・・・。

初夏の夕方、なんとなく満ち足りた気分になれたひとときだった。
61_1 61_2 61_3
(注:一番左の建物は講堂ではなくて本館です、薔薇が写したかっただけ~。)

|
|

« 日本を祝う | トップページ | ごまをする »

コメント

うわぁ、素敵な場所ですね。

明日館は、何度か行く機会がありながら、逃してしまっている場所。
いつか、きっと訪ねたいです。(^^)

忙しい毎日の中で、こんな時間はほっとしますね。

投稿: ゆっこ | 2007/06/02 09:25

先月シェークスピアの時代の音楽というCDを図書館で借りて聴いてみたのですが、(そのCDの中の曲は)何となく退屈というか、2枚あっても1枚目でギブアップ・・・
でも、こんな素敵な会場でゆったりとした気分で聴いたら、きっと素敵な気分になっただろうと思います。
あの時代の音楽は、せかせかと家事をしながら聴くものではありませんね。

投稿: juncoco | 2007/06/02 09:38

ああコレ!聴きたかったんですよね~~(>_<)
つのだたかしのリュート!
ダウランド最高だったでしょうね。。。場所もステキだわ♪

投稿: 夜毎屋 | 2007/06/02 12:33

☆ゆっこさん

明日館…好きな場所なんです。
こどもの頃、ここの工芸研究所の売店でおもちゃをよく買ってもらっていたからかも(汗)
ライトの設計は機能的でシンプルな美しさです。
講堂はライトの弟子の遠藤新の設計ですけど落ち着けます。

最近はお茶も飲めるみたいです。機会があったら一度是非~♪

投稿: totoko | 2007/06/02 12:34

☆juncocoさん

昨日は耳慣れた曲や、初めての曲でも聴きやすいものが多かったです。
曲や歌詞の説明がユーモアを交えたトークであ面白かったし…。
静かめの曲が淡々と流れるだけだと、私もつらいかもしれません。

確かにお茶でも飲みながら…っていいう感じの曲ではありました。
でもjuncocoさんのお借りになったCDどんなのだかちょっと興味もあります。

投稿: totoko | 2007/06/02 12:52

☆夜毎屋さん

今回、明日館のHPで見かけて、多分好きかも!と思って出かけたので
演奏者の方とかにはあまり予備知識もなくて…(←オイッ)
よかったですよ、リュート♪
ダウランド、もう何曲か聴いていたい気分でした。

投稿: totoko | 2007/06/02 13:01

ととさん

とてもステキなところですね。行ったことありません。
このようなところで音楽が聴けたら別世界に行ったカンジですよね。
目白はオルゴール館とかステキなところがたくさんあるのでしょう?
池袋から歩いてもすぐな目白でも ジャヌーくらいしか行ったことがありません。

投稿: himitsu | 2007/06/02 18:59

☆himitsuさん

ジャヌー!昨日も前を通りがかりました。
テニスはもうずいぶんご無沙汰ですが…。
明日館はもっと池袋寄りです。古いだけの建物という話も…
以前ピアノ雑誌で、少年時代!の山本直純さんとか園田高弘さん達が
この建物の前で撮った発表会の記念写真を見たことがあります。

投稿: totoko | 2007/06/02 21:01

「シェイクスピアの時代のリュートソング」というタイトルをみて
すぐに思い出したのが数年前に友人からもらった
「サリー・ガーデン」というCD。何回か聴いて
仕舞い込んでいたのですが今引っ張り出してみたら
波多野さんとつのださんの作品でした。
久しぶりに聴いてみます♪

>ジャヌー!
テニスサークルで揃いのウィンドブレーカーを作りました。
今でも大切に保管してあります^^。
自由が丘のSt.Christpher、渋谷のnobu・・・ただただ懐かしいです。

投稿: kimi | 2007/06/02 21:39

☆kimiさん

昨日聴きました、サリーガーデン♪
CD持ってらしたなんて、なんて偶然でしょう!
あまり予備知識もなく出かけたんですけど、いいコンサートでした。

>ジャヌー!
懐かしいですよね~。
>自由が丘のSt.Christpher、渋谷のnobu
こちらは卒業してからのお付き合いかな?
Tシャツとか持ってました。あぁ、痩せなくちゃ!(何を連想したんだか)

投稿: totoko | 2007/06/02 22:34

こんな展開になっているとは!!
反応遅くてすいません♪

ジャヌーからはいまだに葉書が届きます。
紀子さま御用達でしたね。

セントクリストファーは今はゴルフのほうを改装してティールームがんばってますね。めずらしいセーターは大事に着ていまでも普段着に愛用してますー。

ワタシはパンダハウスが一番のお気に入りでした。素材は×でしたが、かわいかった。パンダハウスと契約しているかのように新製品を追い求めました。
自由が丘店はとっくになくなりましたが青山は残っているのでしょうか?

投稿: himitsu | 2007/06/07 02:13

☆himitsuさん

パンダハウス…なんて懐しい響き!
Tシャツなんかも可愛かった…これも卒業してからだった気がします。
himitsuさんやkimiさんは私より若いから…かなり!

セントクリストファー…自由が丘もあの辺りはあまり行かないのですが
何年か前通りがかったらまだ健在だったのを見かけた覚えはあります。

ジャヌーが今の場所ではなくまだ目白通り沿いにあったころ、
あの前を通ってピアノのレッスンに通ってたのが昨日のことのようなのに…。

投稿: totoko | 2007/06/07 21:12

totokoさん、himitsuさん(はじめまして♪)

パンダハウスは私も卒業してからです。
末の妹の彼氏(現・旦那さん)が好きで
プレゼントしたりされたりしてました。

セントクリストファーはちょうど大学に入ったころに出来て
お洒落な男の先輩がダブルスペアでウェアを着ていたので
私たちミーハーな後輩に一気に広まりました(笑)。
当時学生にとっては結構高額だったので
卒業してから買ったスウェットスーツも未だによそ行き用です^^;。

投稿: kimi | 2007/06/08 09:25

☆kimiさん

懐かしいですよね~。
学生時代…そして二十代…ついこの間のことのようなのに…。
通りがかって、あっ、まだここにお店が!とか思って
すごく嬉しくなることがあります。

私の頃は、伊勢丹(多分)のレイショップというところが
輸入したニットのテニスワンピースが流行ってて、
素敵な先輩が何枚も持ってて羨ましくて、
一枚ようやく買ってもらったのを、まだ持ってます。
が、もう絶対入りません~(その頃から太めでしたが、いまはもっと…)

投稿: totoko | 2007/06/08 15:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113282/15282452

この記事へのトラックバック一覧です: シェイクスピアの時代のリュートソング:

« 日本を祝う | トップページ | ごまをする »