« 輪切り図鑑‐大帆船/海時計職人ジョン・ハリソン | トップページ | 点子ちゃんとアントン »

2005/06/18

MIDIインターフェース

私のPCは、デジピの上に乗っかっている。置き場がそこしかないからだ。ノートパソコンからデスクトップに買い換える時も、とにかくデジピの上におけるパソコンというのが第一条件だった。その後、デジピを買い換える時にも、譜面台などがデジピ上部になくPCが置けるものということがタッチや音色よりも重要事項だった。

そ~んなに近い位置関係のデジピとPCなのに、今まで二つはつながっていなかった。楽譜制作ソフトにはいろいろ便利な機能もあるのに、音符を一個一個五線の上でクリックする地道な世界。何故なら、どうやってデジピとPCをつなげばよいか、分からなかったからだ。でも、これじゃいけない!ある晩、デジピのメーカのHPを何気なく見ていたら、お問い合わせはこちらへとメールが送れるようになっていたので恥をしのんで聞いてみた。そしたら翌日早速お返事が来た。それにはMIDIインターフェースというものが必要です、うちでは作っていませんがこちらでご覧下さいと、ご親切に競合他社のHPのリンクまで張ってあった。で、早速買った。

こうしてデジピとPCは本日めでたく結ばれ、リアルタイム入力も出来るようになったし、入力した音楽をデジピで鳴らすことも出来るようになった。ただ、リアルタイム入力したものを楽譜に直すことは出来るし、それをデジピで再生することも出来る。でも、それは私の演奏そのものではない。デジピで演奏したものをそのままPCに録音するにはどうすればいいんだろう?何かソフトがいるのだろうか?それを買うくらいなら、くじらピアノくんの音もメディアに録音できる機械を買ったほうが手っ取り早いだろうか?

なんだか、謎は深まった気がする。

|
|

« 輪切り図鑑‐大帆船/海時計職人ジョン・ハリソン | トップページ | 点子ちゃんとアントン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113282/4606403

この記事へのトラックバック一覧です: MIDIインターフェース:

« 輪切り図鑑‐大帆船/海時計職人ジョン・ハリソン | トップページ | 点子ちゃんとアントン »